子ハム成長記録とか、動物園とか.。今の所こっちはサブなので毎日更新はしません、というより出来ません^^; 何かのハムに関するイベント時のみの使用でし。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7ハム袋分
2007年03月30日 (金) | 編集 |


朝コタツをめくったら、中にこんもりと積まれている青米の小山。
Dscf8415.jpg

何でこんなところに?と、ふと見ると昨日の夜、すり鉢に入れてあった青米が一粒残らず消えている。
Dscf8418.jpg

もしや…と思って探すと、犯人発見。脱走している紫陽花。
しかし、よくパックに登ってその上のすり鉢に入ったなあ。しかも結構な量が合った筈、1回頬袋に入れて運んだだけじゃ無くなる事は無いかと・・・。
きっと何回か往復したんだろうなあ。

って何回運んだのか気になったので、生物掃除機使用で計ってみることにしたw 好きなだけ詰めさせて、「もうイイ、帰る」となったら選手交代で。
Dscf8421.jpg

1匹目、雫。まだまだ残ってる。
Dscf8422.jpg

2匹目、雹。コブラに詰めたけどまだまだ。
Dscf8435.jpg

3匹目、凪。体は小さいけど頬袋は人並み!?
Dscf8436.jpg

4匹目、北斗。半分くらいにはなったかな?
Dscf8437.jpg

5匹目、妖怪白夜ジイ。まだまだ若いモンには負けはせん!?
Dscf8442.jpg

6匹目、旭陽。普段は大人しいけどこんな時は遠慮しないでOK(^^)
Dscf8447.jpg

7匹目、桜花。ちょっと残ったけど、これにて終~了~!
皆、協力ありがとうw 後は掃除機かけときました(^^)。

しかし7頬袋分、よく往復して運んだなあ、紫陽花。その努力、感心するよ^^;
スポンサーサイト
獣医師免許剥奪すべきヽ(`Д´)ノ
2007年03月23日 (金) | 編集 |
「多摩センター動物病院」でのずさんな治療を巡って起こされてた民事訴訟、原告の全面勝訴だったそうです。
病院名で検索すると被害者の会のHPとか出てくるので知らない方は読んでみるべし…。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

ハムスターやリスでは入院後に別の個体に摩り替えられて返されたとかいう例も…。
毛色や顔で区別つく犬猫と違い、個体差の少ないハムスターとかだったら飼い主でも判らないだろうとか思ったんだろうけど、もうバカじゃないかと。顔も性格も違うから飼い主には判るんですよね(・・・多分^^;)。少なくとも性別が変わってればいくら何でも気付くでしょ(・・;)ホント信じられないような獣医も居るんですねえ。こんな獣医には掛からない様、気を付けたいものです。
・・・ていうか、コレは獣医師なんてレベルじゃなく詐欺師でしょ。免許剥奪するまで原告には頑張って頂きたいものですね。


今行ってる所は全て、自分の目の前で診察してくれる所ばかり。というか、奥に動物だけ連れて行って診察・検査するような病院に当たったことがないんですけど!?そういう所も有るんですかね?

目の前で診察してくれるからこちらも安心だし、きちんとハムスターが診れる獣医かどうかの判断も出来る。過去1回行ってそれきりやめたところは、ドワハムなのに皮手袋してハム保定した所(直には触りもしない)と、絶対検便検査出来てないだろうと突っ込みたくなる検査した所。

今掛かってるベテラン先生も若先生も、顕微鏡覗かせてくれたり、聞けばきちんと薬名を教えてくれたりとこちらが納得する対応をしてくれる。飛び込みで行ったこの前の所は、知識は有る先生みたいだったけど、血液検査の様子と結果を直に見れなかったのが少々不満。

こちらは地方なので小動物専門に診る獣医は無く、主に犬猫病院。電話帳やネットで「小動物も可」と記載の有る所を探して行くのだけど、実際に「診られる」か「見るだけ」なのかは行って見ないと判らない。それを判断する為には、飼い主側もハムスターの病気について勉強しておかないとね。

新聞記事・リンク先は下記に。
セカンドオピニオン
2007年03月18日 (日) | 編集 |
Dscf8293.jpg

…という訳でもないのだけど。
雪花の再出血があり、今日は掛かった病院が休診日の為、偵察を兼ねて別の新病院へ。あえて他の病院に掛かっている事と、どこからの出血なのかなど私見は伏せて。

5mmくらいのチップに滲んだ鮮血とエサ皿に付いた血。「外傷は見えないのでどこからか判らない」とぼやかして伝えた。雪花を捕まえて裏返した所、「あ、陰部から出血してますね」。ちっ、家を出る前には出てなかったのになw

この先生は文字に書いたり、症例写真を見せたりしながら説明してくれるので判りやすい。この点は、今掛かっている先生と、もうひとりのベテラン先生より良いかな、と思う。

結果は、子宮とは断定しないけどやはり生殖器系かと。血尿なら尿に混じるからチップのオシッコ跡にも混じるけど、それは診うけられない。出血を綿棒に付けて細胞診した結果、まだ化膿したり白血球が多くなったりしている様子は無いので、腫瘍か血腫が出来ている可能性もあり。でも触診では腹部の腫れや腫瘍らしい塊は確認できなかったそう。X線やエコーでの確認をする事も出来るが、体が小さいのと麻酔が使えないし機材の方が(ロボより^^;)大きいので、きちんと診断できるように写るかは判らないとの事^^;

でもジャンなどでは手術例もある様で、腫瘍だった場合の外科治療には前向きな感じ。ただ現状ではハッキリしないので、とりあえず抗生剤で様子見。

「多分自分から飲んでくれると」とシロップ状の飲み薬処方されたは良いんだけど・・・
「よく振ってから」と言われたけど・・・

(;´Д`)ノ先生ーこの薬ゲル状になってて混ざらないんですけどー;;;
しかも、雪花、匂い嗅いでイヤな顔したきり飲んでくれないんですけどーorz
新カラー!!ジャンガリアン”ラベンダー”
2007年03月11日 (日) | 編集 |
3月7日

新カラー!! ジャンガリアンハフスター”ラベンダー”ペア Baby

----------------------------

ネットブラブラしてて発見、某ショップの入荷情報より。
・・・怪しげなw「ハフスター」も突っ込むべきか!?

キャンベルを扱ってる数少ない店なんだけど、ジャンガリアンはキチンと表記するのに、キャンベルは「ドワーフ」と誤魔化して書いたり「パンダキャンベル」と書いたり(正:ブラックパイド)。仮にもエキゾチックを売りにしているショップなんだからそういう所はキチンと書いて欲しい物ですね^^;。ちなみにココの「ドワーフ パープル(バイオレットだったかも)」はキャンベルブルーだったりしてw 紛らわしい…。でも雑種かもしれないので手を出そうとは思わないけど。

岐阜の方のショップでも怪しげな独自のカラー名をつけてハムスター売ってる所があるので、ジャンキャン買う人は要注意ですね。
実は・・・
2007年03月09日 (金) | 編集 |


紫陽花の仔の男の子、まだ居ます(^^)
里親さんは決まったものの、お迎えが今月下旬予定なので、それまでお預かり状態。
Dscf8142.jpg

手の上でクシクシ毛繕い
Dscf8147.jpg

かえってボサってワイルド系w
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。